日常生活支援事業のご案内

那覇市ひとり親家庭等日常生活支援事業

『被支援者(利用者)』が一時的に生活支援、保育サービスが必要な場合に『家庭生活支援員(ヘルパー)』が支援を行います。
安心して子育てをしながら生活できる環境を整備することを目的とした那覇市の事業です。

ヘルパー派遣の必要な場合

申請ができる方

那覇市に居住する母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦の方

申請方法

一時的な理由により支援が必要な場合に「那覇市子育て応援課」で申請頂きます。

※申請をした場合でも1年間の派遣利用が無い場合は再度申請が必要になります。ご注意ください。

こんな時に支援します

  • 母子家庭の母、父子家庭の父、児童の一時的なケガや病気
  • 一人暮らしの寡婦、または寡婦と同居している父母の一時的なケガや病気
  • 母子家庭の母、父子家庭の父の自立促進に必要な技能習得のための通学や就学活動など(一時的なものに限る)
  • 冠婚葬祭、父母の出張、子の学校などの公的行事への参加など
  • その他、一時的に援助が必要とする状況になった時

支援内容

生活援助と子育てに分類されます

生活援助

家事、介護、食事や身の回りの世話など

子育て支援

乳幼児の保育・児童の生活指導・食事の世話など ただし、被支援者宅での子育て支援は生活援助となります

支援員派遣日数

原則として1世帯につき年間80単位以内とします。

利用料

利用世帯区分と支援内容に利用料がかかります。 利用料は家庭生活支援員にお支払いください。

利用者の負担額
利用世帯区分生活援助子育て支援
生活保護世帯
市町民税非課税世帯
0円0円
児童扶養手当支給水準の世帯150円70円
上記以外の世帯300円150円

子育て支援については

  1. 宿泊の場合は利用料の計算方法が異なります
  2. 児童2人以上の場合、児童2人目からは児童1人の場合の利用料の半額とします。

日常生活支援

生活と子育てに安心を
那覇市母子寡婦福祉会内を検索